元気な町つくり
楽しく・愉快に
二宮町体育協会
トップページ > 二宮町体育協会規約
  二宮町体育協会規約
第1章 名称及び事務所
 
(名称)
第1条 本会は、二宮町体育協会と称する。
 
(事務所)
第2条 本会の事務所は、二宮町立体育館におく。
 
第2章 組織及び加盟・脱退
 
(組織)
第3条 本会は、町内におけるアマチュア体育団体を持って組織する。
但し、アマチュア体育団体は同一種目1団体とし、複数以上の場合は既存の加盟団体と協議の上
協会又は連盟として加入するものとする。
   
 (加盟)  
 第4条 本会に加盟しようとする団体は、所定の手続きの上評議員の議決を経て加盟する。
   加盟団体の認定基準は別に定める
   
(脱退)
第5条 本会の加盟団体が、第3条に掲げる資格を失ったとき、又は本会の加盟団体として不適当と認めたときは、
評議員の議決を経て脱退させることができる。
   (1) 加盟団体から申し出があった場合
   (2) 本会の名誉を棄損した場合
   (3) 本会の主旨目的に反する行為があった場合
 
第3章 目的及び事業
 
(目的)
第6条 本会は、二宮町民及び本町の各体育団体の体育の普及発展に寄与する。
 
(事業)
第7条 本会の目的を達成するため、次の事業を行う。
1. 町民の体位向上に関する方策の研究。
2. 町体育行政の諮問に応じてその施策に協力する。
3. 本会に加盟する体育団体の強化発展と会員相互の連絡協調を図る。
4. 各種体育大会及び講習会等の開催並びに後援。
5. 本会へ加盟する団体へ助成金を交付する。
6. 体育振興の宣伝啓発及び指導奨励。
7. 県及び郡の体育行事への参加並びに協力。
8. その他本会の目的達成のため必要な事業。
 
第4章 役員
 
(役員の種類)
第8条 本会に次の役員を置く。
1.会長 1名  2.副会長 2名  3.会計 1名  4.理事 若干名
5.評議員 若干名  6.監査 2名
 
(役員の選出及び職務)
第9条 会長は、理事会において推薦し総会の承認を得る。
  その任務は、本会を代表して会務を総括し、総会、理事会、評議員会及びその他必要ある会議を
  主宰する。
2.   副会長は、理事会において推薦し総会の承認を得る。
  その任務は、会長を補佐し、会長が事故あるときは職務を代理する。
3.   会計は、理事会において推薦し総会の承認を得る。
  その任務は、会計事務を処理する。
4.   理事は、会長が推薦し評議員会の承認を得る。
  その任務は、体育協会の運営を補佐する。
5.   評議員は、本会加盟団体より1名推薦されたものを、会長がこれを委嘱し運営に参画する。
6.   監査は、評議員において選出されたものを、会長がこれを委嘱し財務を監査する。
 
(役員の任期)
第10条 役員の任期は2ヵ年とし再選を妨げない。尚、補欠役員の任期は、前任者の残任期間とする。
 2  監査については任期を1ヶ年とする
 
第5章 会議
 
(総会)
第11条 総会は毎年4月に役員を持って開催し、次の事項を審議する。
1.規約の変更  2.予算の審議  3.事業計画  4.決算の承認  5.その他必要な事項
 
(理事会)
第12条 理事会は、会長、副会長、会計及び理事を持って組織し、本会の事業並びに運営等に関する基本方針を
検討し、評議員会に提出する。
 
(評議員会)
第13条 評議員会は、会長、副会長、並びに評議員を持って組織し、本会の重要事項について審議する。
 
(定足数及び議決)
第14条 会議は2分の1以上の出席をもって成立し、議決は出席者の過半数の同意を得て決する。
 
第6章 顧問
 
(顧問)
第15条 本会に、顧問を若干名置くことができる。
 
(委嘱及び職務)
第16条 顧問は、評議員の議決を経て、会長がこれを委嘱する。
その職務は、重要事項について会長の諮問に答える。
 
第7章 会計
 
(経費)
第17条 本会の経費は、次に掲げるものをもってこれにあてる。
1. 会費  2. 助成金  3.寄付金  4.その他の収入
 
(会計年度)
第18条 本会の会計年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
 
第8章 表彰
 
(表彰)
第19条 本会々員が、会の発展に功績顕著と認めた者は、評議員会の議決を経て、会長がこれを表彰する。
 
第9章 慶弔
 
(慶弔)
第20条 現職の下記の役職の者が死亡した場合は生花を贈る。
正副会長・会計・理事・評議員・監査・顧問・所属協会長
2.   その他、特別な事情があるときは、正副会長が協議し、専決処分を行う。専決処分をした場合は、
直近の理事会と評議員会に報告するものとする。
 
第10章 補則
 
(改正及び廃止)
第21条 本規約は、評議員会の過半数の賛成により改廃することが出来る。
 
(細則)
第22条 本規約施行上、必要事項に関する細則は別に定める。
 
 
附則 本規約は昭和50年4月20日より施行する。
附則 本規約は昭和51年4月25日より施行する
附則 本規約は平成13年4月 1日より施行する。
附則 本規約は平成20年4月25日より施行する。
附則 本規約は平成24年4月27日より施行する。
 附則 本規約は平成26年4月24日より施行する。
 附則 本規約は平成28年4月22日より施行する。