元気な町つくり
楽しく・愉快に
二宮町体育協会
トップページ > 二宮町体育協会のあゆみ
  二宮町体育協会のあゆみ
 二宮町体育協会が創設された昭和27年以前は、野球クラブが体育協会の名称で組織され、会員は一部の人たちに限られ二宮町全体のものではなかった。松本敬三氏や添田靖一氏をはじめ、多くのスポーツを愛する先輩諸氏も御尽力により、昭和27年3月中郡体育協会設立を契機に、町民全体を対象にした二宮町体育協会が創設された。
 創設当時は野球、陸上競技、レクリエーションなどを愛好する諸氏により組織され、役員も青年会、婦人会の団体役員とスポーツ関係者により構成されていた。その後、昭和30年代後半に入り青年会の発展的改称に伴い、役員もスポーツ愛好家を中心として構成され、協会の充実と運営に取り組み現在に至っている。体育協会が創設されてから、昭和40年代に入り、個々のクラブ的組織から団体として位置付けし、会員意識の高揚を図ってきた。昭和50年代に入り、体育協会は「二宮町体育協会規約」を制定・施行するとともに加盟組織の一新を図り、加入も一種目1団体とした。現在加盟している団体は、24団体であり加入者も3,000を超え二宮町体育協会として活動を行っている。